良質な睡眠とは

睡眠時無呼吸症候群の治療法

睡眠時無呼吸症候群を知る

良質な睡眠とは

睡眠時間は、人生の時間の約三分の一を占めています。では、その睡眠時間にはどの様な役割があるのでしょうか?まず、基本的な役割として休息する為に使われます。実は肉体的な疲れは、体を横にして休むだけでもある程度回復する事が可能なのですが、大脳は起きている間は常に働いており休息する事が出来ません。とは言え、大脳は体の各機関に信号を出しているので、眠っている間も心臓を動かしたり、呼吸をしたりなどの働きは続けています。

それ以外の、眼や口や手足などの体の動きや感覚をコントロールしたりする部分、覚醒時に体の各所に司令を出す部分が、睡眠中に休息するのです。そして他の大事な役割として、睡眠は免疫力を高めます。同じ様な環境にいても、病気になる人とならない人がいますが、この違いはそれぞれの免疫力の違いです。つまり良質な睡眠をとっている人は、病気にかかりにくいと言えます。

次に睡眠の大きな役割として、成長ホルモンの分泌が促されます。昔から「寝る子は育つ」と言いますよね。また睡眠には、皮膚の新陳代謝を高める働きもあります。「良質な睡眠は最高の美容液」と言われるのはこの為です。

身体に対する役割だけでなく、日中に脳に入れた情報を整理し、その記憶を定着させる事も睡眠の重要な役割です。また、夢を見る事で精神のバランスを保ちます。この様に、睡眠は人間が生きていく上で、心身共に、とても大切な役割を担っているのです。

では、良質な睡眠とは一体どの様な睡眠なのでしょうか。簡単に言えば、朝スッキリと目覚め、夜もグッスリと眠れる事です。どんなに長く眠っても、翌日に疲れが取れないなどtいう場合は、睡眠の質が悪いという事になります。睡眠に、レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)がある事は知られていますが、レム睡眠時は、身体は眠っていても脳は起きている状態です。その為、睡眠の役割を果たすのには、ノンレム睡眠が必要となります。

睡眠時無呼吸症候群を知る
あなたは睡眠時無呼吸症候群
合併症
治療方法
睡眠時無呼吸症候群を予防するために
睡眠障害に関する様々なサイト
Copyright (C) 睡眠時無呼吸症候群の治療法 All Rights Reserved