睡眠時無呼吸症候群とは何か

睡眠時無呼吸症候群の治療法

睡眠時無呼吸症候群を知る

睡眠時無呼吸症候群とは何か

良質な睡眠がとりにくい現代ですが、様々な睡眠障害が問題となっています。その中でも、近年問題となっているものに、「睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)」があります。

「睡眠時無呼吸症候群」とは、睡眠中に呼吸が止まってしまう病気です。医学的な定義としては、「無呼吸(10秒以上の呼吸停止)がひと晩7時間の睡眠中に30回以上、もしくは1時間に5回以上ある状態」の事をいいます。そんなに呼吸をしないと死んでしまうのでは無いかと思うかもしれませんが、この無呼吸によって死に至るという事はありません。しかし、だからといって軽く考えてはいけません。

無呼吸の時間が長くなる事によって身体に負担がかかり、高血圧や心疾患などの生活習慣病を併発する事が多く、放置すると生命の危機に及ぶ事もあります。また、熟睡感のなさや、起床時の頭痛、日中の強い眠気などがあり、特に日中の強い眠気による交通事故など、本人だけでなく社会的にも大きな問題となるものです。

日本人では200万人の人が「睡眠時無呼吸症候群」であると言われていますが、自分では気がつきにくく、治療を受けている人は少ないのが現状です。しかし、しっかりと治療すれば、無呼吸は無くなり、眠気などの症状もコントロールできるものです。

「睡眠時無呼吸症候群」の主な症状に「いびき」がありますが、風邪で鼻の通りが悪くなっている時や、疲れている時、飲酒時などに起きる一過性のいびきは問題ありません。しかし、どんな状況の場合にもいびきをかく人や、いびきといびきの間に呼吸が止まってしまう人は「睡眠時無呼吸症候群」の可能性がありますから、一度受診してみると良いでしょう。

睡眠時無呼吸症候群を知る
あなたは睡眠時無呼吸症候群
合併症
治療方法
睡眠時無呼吸症候群を予防するために
睡眠障害に関する様々なサイト
Copyright (C) 睡眠時無呼吸症候群の治療法 All Rights Reserved