糖尿病

睡眠時無呼吸症候群の治療法

合併症

糖尿病

今や国民病とも呼ばれている糖尿病ですが、日本には2360万人の糖尿病患者がいると言われています。しかし自覚症状なく暮らしている人が多いため、発症してから何年か経ち、合併症によってようやく気がつくという場合が多いのです。

その為、自分は糖尿病では無いと思い込んでいる糖尿病予備軍が更に沢山いると思われます。一度発症してしまうと一生の付き合いになってしまう疾患ですので、出来るだけ早めの発見、治療が大切です。

睡眠時無呼吸症候群と2型糖尿病(非インスリン依存型糖尿病)の合併率は11%、糖代謝異常が合併する率は16%、つまり睡眠時無呼吸症候群の患者の27%が糖尿病を合併しているのです。この確率は、睡眠時無呼吸症候群の重症度が増す程に上がって行きます。

睡眠時無呼吸症候群の大きな原因に肥満がありますが、その為に糖尿病になりやすいという事はあります。しかしそれだけでなく、逆に睡眠時無呼吸症候群自体が糖尿病を引き起こす原因にもなっているのです。通常はインスリンというホルモンがブドウ糖を各臓器に運ぶ働きをします。しかし睡眠時無呼吸症候群の場合、無呼吸状態で酸素不足が起き、インスリンの分泌が低下してしまいます。

その結果、血液中にブドウ糖がとどまっている状態になり、血糖値が上がってしまうのです。その結果、糖尿病の発症や悪化が引き起こされます。ですから、自分は肥満型ではないからといって、糖尿病とは無関係だというわけではありません。睡眠時無呼吸症候群の患者は、たとえ肥満でなくても糖尿病になる可能性があるのです。

睡眠時無呼吸症候群を知る
あなたは睡眠時無呼吸症候群
合併症
治療方法
睡眠時無呼吸症候群を予防するために
睡眠障害に関する様々なサイト
Copyright (C) 睡眠時無呼吸症候群の治療法 All Rights Reserved