腎不全

睡眠時無呼吸症候群の治療法

合併症

腎不全

腎不全の透析患者の中には、睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害を合併する人が非常に多いというデータが出ています。一般的に、睡眠時無呼吸症候群の原因としては、肥満やあごの小ささ、扁桃腺の肥大などが上げられますが、腎不全の透析患者の場合は肥満の影響はむしろ少ないでしょう。

腎不全の透析患者の場合、透析緩衝液の問題(酢酸緩衝 液,重炭酸緩衝液)や、代謝性アシドーシス(低炭酸血症,酸性血症)、ホルモン不均衡などの影響で、呼吸中枢に化学的刺激を与えている可能性があります。

また、透析間で水分貯留が増加して、上気道に浮腫となり影響する可能性も指摘されています。この様に、人工透析による影響で、睡眠時無呼吸症候群を合併してしまう事が多いのです。

しかし問題としては、睡眠時無呼吸症候群の症状として指摘されている「日中の強い眠気」や「記憶力の低下」「性的機能の低下」「就寝時の頻尿」「気力の低下」などは、尿毒症の症状とも一致しており、臨床的な症状だけでは両者の区別をつける事が大変難しいとされています。一般の睡眠時無呼吸症候群患者の特徴的症状である「いびき」についても、透析患者の場合は関連が無い場合も多い事が指摘されています。また、透析患者の場合、症状の特徴として、睡眠高率が悪い事があげられます

透析方法と、睡眠時無呼吸症候群の発症頻度や重症度には特に関連はなく、血液透析や腹膜透析、夜間透析の間に明らかな差はないとされています。透析患者の睡眠時無呼吸症候群の多くは、透析量を増やす事や腎移植で症状が改善したという症例も報告されています。

睡眠時無呼吸症候群を知る
あなたは睡眠時無呼吸症候群
合併症
治療方法
睡眠時無呼吸症候群を予防するために
睡眠障害に関する様々なサイト
Copyright (C) 睡眠時無呼吸症候群の治療法 All Rights Reserved