簡単なセルフチェック

睡眠時無呼吸症候群の治療法

あなたは睡眠時無呼吸症候群

簡単なセルフチェック

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に症状が出る為、なかなか自分では気がつかない事が多いのが現状です。寝室が一緒の家族や、外泊時に同室だった友人などに指摘されて気がつく事が多いでしょう。もしもあなたが、家族や友人から「かなり大きないびきをかいていた」「眠っている間に呼吸がとまっていた」などの指摘を受けた場合、睡眠時無呼吸症候群の可能性が大きいと思われます。では、睡眠時無呼吸症候群には、その他にどんな症状があるのでしょうか。

まず、目覚めの悪さや熟睡感のなさはありませんか?無呼吸状態の時には、身体に十分な酸素が行き渡りません。重症の場合には、血中酸素飽和度が通常の50%台の飽和度になってしまう事もあると言われています。睡眠中に繰り返しこの状態になる為、疲れが残ってしまうのです。

起床時に頭痛がする、頭が重たいなどの症状も、睡眠時無呼吸症候群の特徴です。これは、睡眠中に脳を休ませる事が出来ていない事が原因です。

無呼吸状態を繰り返していると、睡眠時に副交感神経ではなく、交感神経が優位になってしいます。交感神経が興奮していると体では尿が作られる為、夜中にトイレに起きる回数が増える事があります。もしも夜中にトイレに行く回数が増えていると感じた場合、注意が必要です。また、繰り返し目が覚めたり、無呼吸によってノンレム睡眠の時間ばかりが増えてレム睡眠不足になると、男性ホルモンが低下します。その為、EDなどの原因になると言われています。また、精力減退などの症状も出る事があります。

肥満の傾向がある、扁桃腺が大きい、首が太くて短い、などの傾向がある人も注意が必要です。気道が圧迫されて狭くなり、いびきをかきやすくなります。 上記の症状に心辺りのある人は、一度、専門の病院を受診してみた方が良いでしょう。

睡眠時無呼吸症候群を知る
あなたは睡眠時無呼吸症候群
合併症
治療方法
睡眠時無呼吸症候群を予防するために
睡眠障害に関する様々なサイト
Copyright (C) 睡眠時無呼吸症候群の治療法 All Rights Reserved